『灯台もと暮らし 』西伊豆ガラス工房FARO徒然日記

タグ:口コミ



ねえ、時兄ちゃん、、、




ふえ?何??




見て!この顔



ママに眉毛描かれたの。

ひどいと思わない?




あ、僕もママも、やられたよ!昔。


http://faro.i-ra.jp/e21822.html


でもね、おばあちゃんも、小さい時に
久美ばあちゃんにやられたんだって!





http://faro.i-ra.jp/e105124.html

きっと、この家のしきたりなんだよ。


し き た り。




そっか!

アタシ、そんな由緒ある家に貰われてきたんだ〜
何だか、すっご〜い!



いや、アンタ、
勝手に住み着いたんぢゃなかったっけ??

http://faro.i-ra.jp/e219491.html









僕も、

http://faro.i-ra.jp/e64242.html

勝手に産まれてきちゃった
んだった、、、汗


  

この間、お会いしたキャンディーさん。

私が山羊を飼っていると話したら、
なんと!ご存じなかったのです。笑

で、その横でカコさんが

「ブログネタで枇杷のことを書いたら、
たくさんコメント貰ってびっくりした。」


と話していらっしゃいました。

すると、キャンディーさんが

「枇杷と言えば、最近ね私家事をするときに
枇杷の歌を歌いながらするのね。

そうすると、歌詞に山羊のお乳のことが出てくるの。

山羊のお乳って、甘いのかしら?」


とおっしゃるのです。


「枇杷の歌」なんて歌、あるんですか???

と尋ねると

「知らない???教科書に載っていなかった??」
と、かなり驚かれました。

無理を言って、その場で歌っていただいたら、
恥ずかしそうに少しずつ歌ってくださいました。

そのうち、フルコーラスで御上手に歌ってくださいましたが(笑)


その歌を聴きながら、携帯で歌詞検索したのです。


http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/biwa.html

ああ、なんて!素敵な歌詞なんだろう!

”びわはやさしい 木の実だから
だっこしあって うれている”


なんて、素晴らしい想像力。

と、良く見たら、作詞は”まど・みちお”さんでした。

ジャミラーズが学校で使っている詩集の
ほとんどが彼の作品です。
毎日のようにジャミラ君が、本読みで読んでくれます。


で、山羊のミルクは甘いのか?


先日、福岡のちびびさんが、私が山羊乳飲みたいって
コメントしたら、すぐに送ってくださったのです!!!



左が、ちびびさんちの旭さんが出したヤギミルク。

右は、ちびびさんが作った山羊チーズ。


うちの近所のおじいちゃんやおばあちゃんが

「あたしら小さい時には山羊の乳飲まされて
それで大きくなったんだけど、臭くて臭くて、、、

今でも、あの臭いは思い出すよ、、、」


って、必ずうちのヤギーズを見てはぼやくので
どんなに臭いのか??と恐る恐る殺菌して飲んでみました。

一言

「甘い!」

臭くなるのは、雄山羊がいるところに置くからで、
すぐに遠ざければ大丈夫だそうで。

母乳と近い成分があって、アトピーの子も飲めるんですよね!

手作りチーズも、優しくておいしかった〜




更に、手作り山羊チーズマフィンがいっぱい!
これも、おいしくて毎朝パクパク食べました。




山羊石鹸も入っていました。

熟成させなくてはいけないので、置いておいて
まだ使っていません。

何だか、使うのがもったいないな〜




おまけは、うまかっちゃん

昔、よくコマーシャルで見たけど、食べたかな〜??

私はマルちゃん党なので、麺にはうるさいのですが
うまかっちゃん、おいしかったです!
この辺ではあまり見かけないよね。

と、まあ、こんな感じで山羊乳堪能したんです。

近所のおじいさんたち、、、

食糧難の中、山羊乳で大きくなったんだよね?

「臭くて臭くて、、、」と言いながら、懐かしそうに
我が家のヤギーズに寄ってくるのは、やっぱり
良い思い出だからだと思うのです。


山羊は偉いです。やっぱ、、、


あ、枇杷もね。

西伊豆は白枇杷でも有名ですからね〜

うちの枇杷、鹿に食われて枯れたけど、
土肥で貰った白枇杷、信じられないほど甘かった〜〜〜〜

ということで、山羊と枇杷
つながったところで、おやすみなさい〜




って、思ったけど、あの日もうひとつ面白いことがありました。

キャンディーさんに枇杷の歌教えてもらったんだよ。
すごく素敵な歌詞で、最後に山羊のことも出てくるんだよ。

と、帰宅後お父ちゃんに話したら、

「ああ、その歌なら、今日のNHKラジオで
おれも聞いたぞ」


ってぼそっと話してくれました。

へ〜〜、偶然ってすごいね。



今朝は早くから、猟友会が鹿の駆除をしているらしく
猟犬がワンワン言いながらうちの横を走り去り、
その後銃声が何度か轟いていました。

余所で猟犬にかまれて死んだ山羊の話を聞いたことがあるので、
今日はヤギーズを外へ出さないでおこう
考えながら、ふっと外を見ると、、、


時ちゃんがふらふら道路を徘徊中。

顔08


ヒィーーーー!!


仰天してすぐに柵へ戻し、ちゃんと閉めて
ふるさと祭りの会場へ、、、

そして4時間後。
帰ってくると、うちのそばになにやら白い物体が、、、




おーい!!怒




全く危機意識がない、時ちゃんでした。

ずっとこうして車にも轢かれず、犬にも噛まれず
プラプラ過ごしていたわけです、、、

どうりでさっきすれ違った車の運転手さんが
笑っていたわけだ。



ちゃんと柵をしてあるのに、どこからか飛んで出て
しまうようです。

恐れ入ります

今日は仕事で、私の配慮が足りなくて
取引先の方に叱られてしまい、ちょっと凹んでいます顔11

大変言葉を選んで指摘してくださったのですが、本当に
とんでもないことをしてしまったのだと諭され、
かなりショックでした。

反省しました。icon11


一方で、個人的にとっても素敵なことがありました。

実は、この間何気なく新聞を読んだら、松崎町の
舟寄神社の祭りで弓道大会
が行われたと載っていたのです。

能登島に住んでいるとき、遊ぶところがなくて暇だろうからと
地元の方に誘われて弓道を始めたこと、以前記事で書きました。

メモ  時をかける少女

またやりたいな〜と、12年間
ずっと思っていたのです。


そこへ、この新聞記事。
早速問い合わせたら、記者の方から役場へ飛んで、弓道会に
連絡がつきました!

そんなわけで、今日はドキドキheart 01しながら、弓道会に参加したのです。




場所は、舟寄神社の境内。
屋外だったので、ちょっと驚きましたが、、、face08

時間を作っては、皆さん練習されているそうです。
(雨風の日や、夜間はだめですけどね。)

メンバーは5人。

本当に久しぶりで、道具の使い方もすっかり忘れていましたが、
皆さんとても優しく指導してくださいました。




(この方は、実は次男の保育園の先生のご主人で、びっくり。)

やっぱり、弓を射る人の姿はかっこいいな〜face05


実は、射場と的までの間にゲートボール場が含まれていて、
平日は午後3時にならないと、弓道場として使えないそうです。

だから、もっぱら平日は午前中だそうです。

そうなると厳しいな、、、
うまくできるように、時間調整しないといけないな〜

主人に、また更にムッとされそう、、、顔11




的までは、28メートル。
こんなに遠かったかな??

困ったのは、手にはめる「ゆがけ」という道具以外、
何も持っていないこと。


近くの高校の弓道部で使われていない弓
もらってきてくださって、それを貸してくださいました。

私は馬鹿力なので、これではちょっと弱いそうですが、、、

矢も、古いものを貸してくださいました。

少しづつアドバイスを受けながら練習してきました。




皆さん熱心で、親切に教えてくださいました。
上手な方の姿はやはり素敵ですね〜

最後に残った3人で、試合のように連続して矢を射りました。

神社の中ですから、ただただ静かで、風の音と
鳥の鳴き声がするだけです。

静寂の中で、ひたすらに自分と弓とが一体となる。
この宇宙的な空間がしびれます。

本当に素敵な時間でした。

弓道との再会と、素敵な方々との出会いに感謝です。

近隣で弓道を習いたい方、ぜひ一緒にやりませんか??


天気が良すぎて、帰ってきたら顔がひりひりしていました、、、(泣)



このページのトップヘ