『灯台もと暮らし 』西伊豆ガラス工房FARO徒然日記

タグ:伊豆


小鳥のペアと言えば、「西伊豆町婚姻記念品」も、先日納品しました。

IMG_1749

西伊豆の美しい海
その海にキラキラ輝く夕陽

を表現した幸せの小鳥です。

IMG_1751

裏にはお二人のお名前と結婚記念日を彫刻します。

赤ちゃんの誕生記念のガラスの手形や、町の特産品「かも風鈴」もそうですが、私達が移住してから町と一緒に作りあげてきたものは、私達がリタイヤしたら消えてしまうものです。

IMG_1750

金銭的にも体力的にも、どこまでやれるか全く先が見えませんが、兎にも角にもこれらはいずれも全国に誇れる良い事業だと思います。

幸せなお仕事をいただけて光栄です。(^-^)

#西伊豆
#西伊豆町
#結婚祝い
#weddinggifts 
#ガラスの小鳥
#五木田淳子
#glassbirds
#西伊豆の海
#夕陽日本一

ご無沙汰しております。
とにかく、自分史上最高に忙しい毎日をくぐり抜けてきました。

長男が無事新潟の国立に合格してから、入学手続きに関するあらゆる書類を数日で提出。

入学式のスーツ、Officeソフトバンドルのノートパソコンを探して購入、データ通信だったスマホを通話simに。

お金が大量に出ていきました。。゚( ゚இωஇ゚)゚。

次男の高校受験、そして卒業式。

東京への視察。

長男の引越し準備の買い出しや手続き。

次男の入学手続き。
制服等は、兄のお下がりで助かったー。( ̄▽ ̄;)

家族で車に荷物積み込んで、あの雪の寒い日に新潟へ。

そして、一昨日が次男の入学式。
んで昨日、長男の奨学金本申請のための書類を取りに、再び高校へ、、、

昨日言ってこいやーーー(*`Ω´*)v。


一方で、大事なお位牌やオーダー品などのご注文をこなし、通販もさばき、吹きガラス体験も受け付けて、、、

同時並行で期限のあるタスクがいくつもあって、マネージャー欲しい!って心底思いました。

まあ、あらかた片付いてきたんで、ブログを書いております。


まだ、おまたせしている皆様、本当に申し訳ございません。
こんな調子で、春を走っております。


さて吹きガラス体験に新しいメニューが加わっております。

この間、ダイヤモンド ユカイさんが体験された大皿。

あの放送から、何件か

同じお皿を吹いてみたい!

というお問い合わせがあり、お安くないけど良いですか?と恐る恐る尋ねると、皆さん記念だから大丈夫!と。

そんなわけで既に4名の方が、お皿を制作されました。

DSC_0978-01
DSC_0980-01

最初の方は、年配のご夫婦。

ご主人は桜色の一輪挿し。

奥様が、どうしてもお皿を作りたい!と。

Fotor_155485331793196
Fotor_155485335913718
Fotor_155485341046977

実は、未経験者がグラスを吹くのも大変なのに、いきなり大皿なんて無理だと思ってテレビの撮影に臨みました。

テレビなら、できなかった場合は、カットしてグラスに戻すこともできますから。

そしたら、案外できることがわかり、ユカイさんも満足気だったので、新メニューに加えることにしたのです。


出来上がったら、ユカイさんのものよりも大きい28cmほどありました。

喜んでお帰りになりました。

次の方も年配のご夫婦。

ご主人はグラス。
奥様が大皿。

DSC_1100-01

こちらは直径26cm。


次も年配のご夫婦でした。

DSC_1399-01

なんで、皆さんこのグリーンミックスの色なのか?

実は私の作品で、森のシリーズの同じお皿があるんです。
それをサイズの目安にお見せすると、この色綺麗!って。(笑)


このお客様も、ユカイさんが泊まったホテルに泊まって、これから河津桜を見に行くと、番組通りの計画でした。

奥様が大皿。
ご主人もお皿がいい!と仰って、一回り小さい20cm位のをと希望されました。

DSC_1398-01

色を選んでいる時から、楽しそうにされていました。

いい記念になった!

と皆さん、満面の笑みでお帰りになります。

お皿はこのあと、ポンテというでべそのような切り離した部分を削って、テーブルでゴトゴトしないように平にし、宝石の研磨と同じように磨きあげるため、私の負担が大きいアイテムです。
そのため、グラスのようにはお安くできません。

それでも、作ってみたい!と仰って頂いて 、実際体験されてあんなにも喜んでくださって、本当に有難いことだと思いながらお見送りします。

後日、お礼のお電話をくださった方があり、そんな風にお礼を言われることがなかったので、恐縮しました。

すると、最初のお客様からも電話があり、お礼にサザエを送ったから、、、と。ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

ああ、確かご主人は横須賀の釣り船の船長さんだって、仰ってたなー。

翌日、大量に生きたサザエが届き、その翌日に新潟へ行く予定だったので、弓道場へ行き、10名ほどに配って、大変感謝されました。

DSC_0161

その日は刺身で。
茹でておいて、新潟から帰ってから味付けして煮ました。

本当に美味しかったです。ヽ(*´∀`)ノ

当たり前の仕事をしただけなのに、皆さん本当にありがとうございます。

これからも、いい思い出になって喜んでいただけるガラス体験を考えていきたいと思います。

そんなわけで、大皿制作ご希望の方はご予約の時にお伝えください。








IMG_20190125_003247_471
吹きガラス体験に、若いカップルが見えた。

溶けるガラスに驚き、綺麗だと喜び、整形に苦しんで「難しい」と眉をひそめ、出来上がって大喜び。

本当に楽しそうに体験されていた。

最後に、お二人のお写真を撮って差し上げて、お帰りになるとき、これからどこへ行くのか尋ねたら、東伊豆へ移動してみかん狩りとおっしゃった。 


「僕ら、ここに来るために土肥に宿取ったんです。(^-^)」

 え?
何で!
東伊豆にもガラス工房あったでしょうに。

 「ここの方が、自分で作れそうだって、ホームページ見て思ったんです。」

 と彼女。 

「とても楽しかったです(^-^)」

 と、レンタカーでお帰りになった。

すごく嬉しかった。

1ヶ月の休業を経て、只今ガラス溶解炉を熱上げ中です。DSC_0544-01


今回のお神酒は、先月私が主人へのお土産に買ってきた清酒3本セットのうちの「鬼ごろし」

IMG_20180606_212521_211

貧乏神を倒してほしい、、、( ̄▽ ̄;)

あと数日で制作再開の目処が立ちそうです。

お待たせしているおしごとと、再び吉祥寺での展示販売があるので、制作がんばります。

本来、坩堝の耐用月数は3ヶ月だそうなので、けちらず今度は3ヶ月で火を消そうと思っています。

8月一杯でまた休業に入る予定でおります。

大忙しの秋ですが、何とか今年もポスター仕上げました。(´-ω-`)

500

去年は、雨天で館内での開催だったので、写真が妖しい、、、(笑)

10月8日、黄金崎クリスタルパークさんで、第12回西伊豆キャンドルナイトを行います!


ちょうど7日から、"西伊豆ガラス作家展"が、美術館企画展示室で開催されており、キャンドルナイトの当日のみ、17:30から無料でご覧いただけます。
ご厚意で、キャンドルナイトの日だけ、17:30から夜間無料でご覧になれます。

グラスショップ、レストランも夜間営業します。
紫苑さんの美味しいパンとスイーツも来ますよ!
ぜひぜひお越しください。


『 西伊豆キャンドルナイト2017』
2017年10月8日(日)
17:00〜20:00
黄金崎クリスタルパークさん駐車場にて

毎年、静岡県の西伊豆町に住む、ガラス作家達がボランティアで行うイベントで、今回で12回目。

キャンドルナイトは今ではいろんな場所で開催されるメジャーなイベントですが、私たちのキャンドルナイトは、
キャンドルホルダーが、全て作家達のオリジナルガラス作品で、まさにガラスの展覧会です。
このようなキャンドルナイトは、全国でも珍しいと思います。

様々なガラスの技法を使って、500個以上の作品に灯りがともります。

雨天荒天時は、美術館1FにてLEDライトを使って行います。

主催;西伊豆町在住ガラス作家の会
GGG 生島賢・生島明水
光箱 辻晋吾・井田未乃
FARO 五木田秀幸・五木田淳子
協力; 共立メンテナンス
共催;西伊豆町
後援;静岡県

このページのトップヘ