東京タワーに、なぜこだわるのかと問われれば、

誕生日が同じだから

というのが一番だけど、映画『東京タワー、オカンとボクと時々オトン』や『三丁目の夕日』を号泣して見ているうちに、

あれ?私にも大切な思い出がある。

と気付いたからです。

父が突然亡くなって、ある日写真を見ていたら、東京タワーで赤ちゃんの私を抱っこしている24歳の父の写真が印象的でした。

お互いに撮りあったのでしょう、逆に22歳の母が抱っこしている写真も、、、

その写真を持って、私は誕生日に東京タワーに登りました。

今は会えない人がそこに居た。

そんな残像のようなものを探しに行きたいなあ、、、って、ここ数年思っていました。

この間は、息子が修学旅行で同じ場所に立ったはずです。

日本中に日本中の人達の、そんな残像がたくさんあるんでしょう。

603356_477728998945448_1875559828_n

母が撮った父と私の写真の頭上に、うっすら

“羽田”

と、読めることに気付きました。

42年前父や母が立った場所に、この日43歳になった私が立ちました。(^-^)

このお話には、サプライズな後日談があります。