『灯台もと暮らし 』西伊豆ガラス工房FARO徒然日記

2015年04月

かなりのバリエーションの仕事を次々こなした
3月の「忙しかったのは、、、」シリーズを続けようと
思っていたのですが、月曜日に思いがけず大量の注文が入り、
再び

「忙しくなった」

ワタクシ、、、( ̄◇ ̄;)

地元の方から、退職祝いのお返しの注文が入ったのです。


そもそも、4月は忙しい。
小学校、中学校でそれぞれ参観日の後のPTA総会。
次男の柔道の試合で、沼津行かなきゃいけないし、
ガラス作家の会の会議。
岐阜へ搬入に行かないと行けないし、
元町の搬入もある、、、( ̄◇ ̄;)

なにより、作品制作しないといけない!
加工も溜まってる、、、
梱包と値段つけもあるよね??((((;゚Д゚)))))))

で、ご注文はうずボウルペア35セット。(@_@)



35セットということは、70個のボウルを吹くということ?
何とか、他の作りやすいものをお勧めしたのですが、
お客様は、どうしてもうずボウルにしたいと、、、

ボウルって面倒で難しいから、できることなら
作りたくない。( ̄(工) ̄)

底が飛び出やすいし、口元が斜めになりやすいし、
口径や、高さを揃えるのは難しいし、ゴロの
加工も面倒、、、( ̄(工) ̄)

70個と言っても、70個取るのに、8〜90個
作んないといけない。

ブローパイプから、錆が落ちて付着したり、、、




ガラスのカケラが付着したり、、、




色の中から泡切れしたり、、、



その他、ガラスの状態が悪く、ブツと呼ばれる炉材の破片が
混じっていたり、バリと呼ばれる筋が出てしまったりと、
私たちにはどうしようもない原因で、ハネなくては
ならないものが、必ずできてしまうから、余分に作って
おかないと後でじぇったい足らなくなる、、、

納期は今月中。
出来るか?ワタシ、、、( ̄д ̄;)

それに、坩堝が消耗してきて、いつ穴が空いてもおかしくない。
おまけにこの4月から、朝夕だけだった主人のバイトが
月曜日は6時間に増えた。



必然的に、制作時間が今までのように取れない。

あれこれお客様に伝えたけど、じゃあ頼むのやめた!って
おっしゃらなかった。
地元のものを、大切な贈り物にしたいって思ってくださってるんだ。

穴が空いたら、そこでゴメンナサイ。
納期は5月に入っても良い。

という御約束をいただいて、引き受けた。

で、火曜日からもう必死。(@_@)
私は1日に何個出来るか?間に合うか?
それが心配で、お腹の調子が悪かった。



1日中、お昼休み以外休まず作ったら、
20個できた。

上記のB品をはねたら、18個残った。

ということは、4日で最低必要数は出来るか?

昨日は21個吹けた。
けど検品したら、やっぱり18個に減った。

今日は、錆が落ちてばかりで仕事にならず、
19個しか窯に入れられなかった。
明日、いくつ取れるかな?( ̄(工) ̄)

そんなわけで、今は半分くらいできたことになる。
お腹の調子は良くなってる!(笑)

朝バイトから帰って、私に色ガラスを持ってきたり、
型の準備をしてくくり、ポンテを取って、ダルマを
開けて、、、そして夕方また出勤している主人は
もうヘロヘロで可哀想ですが、あと2、3日
がんばってもらいます!(笑)



日曜日、弓道の講習会へ行ってヘロヘロで帰宅した私。

急いでご飯を作り、食べていたとき電話が鳴った。
主人が

「中国かどっかの人かもしれない!
昼間、体験やりたいって来たから、、、」

え?中国の人??(@_@)

電話に出ると、いきなり

「ワタシ、ニホンゴジョウズジャナイデス。
アシタ、クジサンジュップン、ガラスデキマスカ?


上手じゃないとおっしゃいながら、上手でビックリしながら

「ハイ、クジサンジュップンハハヤイデス。
ジュウジ、ダイジョウブデス、、、」


と、私まで片言の日本語でつい返事をしてしまった。( ̄◇ ̄;)

電話の向こうでは、とっても安堵した様子のため息と
嬉しそうに感謝する言葉が続き、最後に

「Bye!(≧∇≦)」

と締められた。

バーイ、、、中国の人じゃないな、、、

主人によれば、昼間いきなり訪ねて来たけど、
私はいないので休んでいたから、今日はできないと
伝えると

「Oh、、、、( ´Д`)」

と、メチャクチャ残念がったそうで、明日でもよければ
また夜に電話くださいと伝えたらしい、、、

さて、いよいよ何処の国の人かわからないけど
アジア系のお客様が来るとあって、どうしようと
不安いっぱいでした。

時間ぴったりにお越しになったのは、アジア系の男女3人でした。

話しているのは英語で、とても流暢だったので、
香港の方ですか?とゆっくり日本語で尋ねたら、
奥様が香港人、ご主人が中国系カナダ人、その友達、、、
という構成でした、

若いご夫婦は、日本語がほとんど理解できるので、
実際困りませんでした。
困った顔をされた時だけ、こちらも片言の英語で
説明すると

「Oh、ワカリマシタ。」

と、笑顔で応えてくださいました。

カナダのお友達には、通訳をしてくださいました。

ご主人が銀行にお勤めで、東京に暮らしている
そうです。
どうりで。(^_^)

窯の説明や、色や原料など、いろいろと説明して
さしあげたら、とても喜んでいらっしゃいました。
まあ、この辺は、通常FAROではだれにでも
しているサービスですけどね?

「トッテモタノシカッタ!(≧∇≦)」

と、大喜びでした。

カナダ人の彼は、明後日帰国するというので、
せっかくだから、今日の日付と皆さんの
ファーストネームを彫りましょうね!と
伝えて別れました。

何度も何度も

「Bye!」

と手を振って帰って行きました。



グラスの底に、彫って差し上げました。

今頃赤いグラスは飛行機に乗っていると思います。(^_^)

22日から、岐阜駅アクティヴG 3Fのうららかさんで
毎年恒例の西伊豆ガラス作家展が開催されます。

今年で8回目です。

展覧会の様子は、、、

2008年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e211138.html

2009年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e211838.html

2010年は、あまりレポしなかった。

2011年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e334502.html

2012年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e479256.html

2013年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e659180.html

2014年の様子
http://fglass.i-ra.jp/e761654.html

今年は、サカエパンさんのチケット10枚貯まって、
200円割引してもらえるんやわ〜(≧∇≦)



今年のDM制作担当は、光箱さんです。

私たちは、21日の午後に岐阜駅に着く予定です。
16時ごろから梱包を解いて、展示を始めます。

翌日も、午後までおりますので、お出かけいただければ
作家から直接技法などの説明をさせていただきます。

もちろん!通常通り西伊豆の観光案内もさせていただきますよ!
ぜひぜひ、お越しくださいませ。



◆2015年4月22日から5月6日まで  
「西伊豆ガラス作家展」

器の店 うららかさん
http://www.uraraka-select.com
〒500-8856 岐阜市橋本町1-10-1ACTIVE G307
TEL:058-269-3150





そして忙しかったのは、ふるさと納税のお礼の品

『海の宝石箱”ガラスのウミウシセット”』

の、宝石箱の方。

ふるさと納税の納税額が、県下1位の西伊豆町。
お礼の品の中でも、やはり断トツは海産物

負けじとガラスも参戦!!
と、思ったのですがなかなかアイデアが出ず、、、

気付いたら何カ月も経っていました。

西伊豆町への借金も返せるよう、どげんかせんといか
ん!

知恵絞って考えた3品。

そのうちの1つが、ガラスのウミウシ達をいつでも
愛でることができるように、標本箱をセットにしたもの

DSC_1166

『海の宝石箱』

って、名前をつけました。

ウミウシはね、10年以上も作ってきてるから慣れてるんですが
ステンドグラスで作る箱は、独学も独学
ネットでいろいろチップスを拾い、こんな感じでどうかな
初めて作ったのは2日かかりました、、、

http://faroglass.blog.jp/archives/1466788.html

撮影用のウミウシ用の箱は、それよりも短かくできたけど
後で半田から白い錆のようなものが出てきてしまい、
完成後の処理が完璧でないといけないと思い知らされました。

それで、サンプル画像を撮り、町へ提出して、ネットで
紹介していただきました。

http://www.furusato-tax.jp/japan/item_detail/20872


縦に置いたり、、、

DSC_0053_1

扉はこういう風に開きます。

DSC_0054

横にも置けます。

DSC_0056

ウミウシ達は、この7個体をチョイスしました。

ウミウシ
2つ分スペースが空いているのは、後でお好きな子を
ご注文いただいて完成させる、、、
というお楽しみに
残しておきました。

”納税額が高いものへのお礼の品の層が薄い、、、”

と伺っていたので、高額商品(笑)にしましたが、
(なんせ、箱に何時間もかかるんですから、、、)
きっと注文はないだろうと、高をくくっていたら、、、

あれ???数日後にはいきなり注文!(@_@)

マジで~~12時間かけて、
また作るか~??ヽ( ̄д ̄;)ノ


熊本からのご注文でした。
きっと楽しみにされているでしょう。
今度は、しっかり作んなくっちゃ!

手をスパスパ切りながら、ガラスを裁断し、
カパーテープを巻いて、半田付けしていきました。

「今度は4時間半でできた!(≧∇≦)」

って、嬉しくて主人に言ったら

『はぁ??
4時間半もかかるの???( ̄◇ ̄;)』


と、呆れられました、、、


今回は、はんだを染める薬品も、劇物の方を買い、
洗浄処理もしっかりしてみました。

image_188

役場からのお礼状を入れ、箱にはシール。
あ、側面には私の作った消しゴムハンコ押して、、、笑

西伊豆町へ納税して良かったなって思ってもらえるよう
祈りながら送りました。





桜が満開です。

いや、正確にはもう散り始めてますが、町中、どこ走っても
山々を見ても、綺麗に桜が咲いていて、幸せな気分です。




子どもたちも、月曜日から最上級生になります。
小学6年と、中学3年、、、

ほんと、子どもの成長はあっという間ですね~~




暖かくなって、ヤギーズも嬉しそうです。




美味しい草も、どんどん生えてきます。




いや、寄ってこなくていいから、、、




工場長も、そのそばで川からのそよ風を浴びて、
飛び交う野鳥を眺めています。




ウトウト、、、




グーグー、、、




〆はいつものアクビ。笑

季節の移り変わりを、身体で知ることができる
田舎暮らしは本当にサイコーです。



このページのトップヘ